湿気の多い休日の日没に座ったままで

ホカホカの手料理と木曜の午後
「教え子」のことの論文や本を書くとしたら、どういったことを書く?「豚の角煮」の一般的な解説なんかかな。もしくは、自分オリジナルの観点からの見解かな。<ヘッダー>

ひんやりした仏滅の夕暮れにカクテルを

寝る前に、キリンビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はそのあとにワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に誰かと会うような仕事がない時に限るけれど。
横浜にいた時に、住んでた部屋の近くでワインショップを発見して、父の日のために購入したことがある。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのプレゼント用ワインを探しています」なんて言って。
父に届けた、そのワインが1万円ほどしたことを我慢できずに話すと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他に感想は特にはなかった。
以来、そんなにワインの質にこだわらなくなった。
楽しい!と思えるお酒だったら、値段や質にはこだわる必要は、今のところない。

喜んで歌う兄さんと僕
夏は生ビールがものすごくうまいけれど、ここ最近そんなには飲まなくなった。
30前は、どれだけでも飲めたのに、年とともに翌日にお酒が残るようになってあまり飲まなくなった。
ビアガーデンにも新社会人になった頃はめちゃめちゃあこがれ、行くのがとっても楽しみだったけれど、仕事のつきあいで嫌というほど行って、自分の心の中では、現在、印象が悪い。
しかし、取引先との付き合いの関係で非常に久しぶりにビアガーデンに行った。
とても久しぶりにうまかったのだけれども、テンションが上がってとってもビールを飲みすぎて、やはり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

雲の無い火曜の夜は熱燗を

友人の知佳子は頭がキレる。
頭が良いなーと思う。
ほとんど人を否定したりはしない。
何コイツ!?と感じても、ちょっとでも相手の気持ちも尊重する。
このことから、どんどん考えが広がるし、我慢強くなるのだ。
考えを主張し通すよりも、こうしている方が知佳子にとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、その経験を糧にする方法をよーく理解している。

雨が上がった金曜の夜明けはお菓子作り
水滸伝の北方謙三版の血が通っていて男らしい登場人物が、オリジナル水滸伝の108星になぞらえて、目立ったキャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
キャラクターに人間くさい弱さがうかんでくるのも重ねて、魅了されていたわけだ。
心が弱いなりに自分の目標とか将来の為に極力奮闘しているのが読み進めていて楽しい。
読みふけっていておもしろい。
それでも、魅了される人物が不幸な目にあったり、希望がなくなっていく話も心にひびくものがあるから心ひかれる長編小説だ。

ぽかぽかした大安の明け方にひっそりと

いつものEくんから届くMAILのなかみは、何のことを言いたいのかほとんど知ることが出来ない。
飲んでてもシラフでもよく理解できない。
しかし、Eくんが仕事で考えたという、会社の商品と募金に関しての文書を見せてもらった。
きちんとした日本語を書けるじゃん!と思い、感心した。

雨が降る木曜の夜明けは目を閉じて
煙草は体に一利もない。
と言う事実はあるものの、理解していても吸ってしまうという。
新入社員の頃、お客さんとして会った人材派遣会社の社長であるおじいさん。
「身体が元気なのは、タバコと酒の力です」と明るく話していた。
ここまで言われると、無理な脱ニコチンはしなくてもいいのかも・・・と感じる。

悲しそうに大声を出す家族と霧

時は金也というのは、見事な格言で、ぼーっとしていると、実際にすぐ自由な時間が無くなる。
今よりも早く業務も報告書も終了すれば、その他の作業に時を回せば効率がいいのに。
部屋の整理をしたり、長風呂したり、料理にはまったり、本を読んでみたり。
とのことで、この頃は、しゃきしゃきはじめようと努力しているが、何日続くのか。

汗をたらして大声を出すあなたとアスファルトの匂い
今朝の新聞に、日本女性の眉に関して、面白い記事が記載されていた。
理由を知ると、急に色っぽさも感じられるので面白い。
少しばかり、恐ろしく見えるが、この頃は、成人女性の証でもあるという。
真実が分かれば、いきなり色香まで感じてくるので不思議だ。

泣きながら吠える子供と突風

私はお肉をそこまで食べられないので、食べるものはどうしても魚介類メインになってくる。
そのことから、毎年夏の、土用の丑の日の鰻は、私にとってのイベントごとだ。
関東で鰻を開くときには、背開きという習わしが現在も続いている。
どういう事か説明すれば、昔々武士の町なので、腹開きは切腹につながってしまい、縁起が悪いため。
もう一方で、関西地方で開くうなぎには、腹開きである場合が普通。
説明すると、関西は商業の町なので、腹を割って話そうと言う意味にもとれるから。
しかし、自腹を切るの言い方にも通じるので、シチュエーションによってはタブーの時も。
説明すると、関西は商業の町なので、腹を割って話そうと言う意味にもとれるから。
しかし、自腹を切るの言い方にも通じるので、シチュエーションによってはタブーの時も。
上の豆知識は、旅行会社で働いていた時に、毎回、お客様に言っていた話です。
上野駅より乗り込みして、静岡県の浜名湖や三島や沼津のウナギを食べるために向かおうという内容。

喜んで踊る姉妹と失くしたストラップ
同僚が此の程明け方から釣りに行ったらしいが、少ししかかからなかったらしい。
小魚があきれるほどいて、フカセ釣りがしにくかったらしい。
しかし大物のの40cmオーバーがあげれたらしいから、いいなと思う。
昔、わけてもらって自分でさばいて口に入れたがものすごく味わい深かった。
そんなのがいいのがあがったと知ったら行きたくなるが、まだ我慢して今度だ。

コンテンツ